鹿角市では少子化・核家族化の進展により、単身世帯の増加や家族意識の変化、さらには個人の価値観の多様化により、これまで家族や地域で担ってきた相互扶助機能が弱まるとともに、住民が共に支え合い、助け合うという社会的なつながりも希薄になってきています。
 このような中、「誰もが住み慣れた地域で安心して生活していきたい」という思いを実現するため、社会福祉協議会は地域福祉を進める中核的な団体として、行政や関係機関との連携のもと、住民の参画による地域福祉活動の推進に努めてまいりました。
 本大会では、複雑化する地域の生活課題の解決に向けて、これまでともに福祉の充実と発展を担ってきた関係機関や団体、住民との連携をより一層深めながら、ともに支え合う福祉のまちづくりをめざして開催いたします。