ひきこもりってなに? ~私たちができる支援のあり方を考える~

 先ごろ、精神保健福祉ボランティア研修会が開催され、不登校やひきこもり支援について理解を深めました。
 研修会では、不登校やひきこもりの若者を支援している、長信田の森心療クリニック(三種町)副院長水野淳一郎さんが講演。
 その中で水野さんは、不登校や引きこもりの若者たちは、「登校したい、社会へ出たいという思いは持っているが出られない、深い傷つきや挫折感、将来への不安と焦り、罪悪感などを抱え苦悩している」と指摘。「登校する、社会に出られるようになるという結果ではなく、そこまでの一歩一歩の歩み、プロセスを大事にし、『自分にできることがないか』という視点で、定義にとらわれず一緒に考え寄り添って支えてほしい」と熱く語っていました。