共に心豊かに暮らしていくために

 このほど、精神保健福祉ボランティア研修会が開催され、約40名の参加者が障がい者の余暇活動支援について理解を深めました。

 研修会では、東京恵比寿で障がいのある方たちの余暇活動や就労支援などを行っている、認定NPO法人ぱれっとの南山達郎さんが、ぱれっとで行われている余暇活動の様子を映像を交えながら紹介。

 その中で、余暇活動の企画に当事者が参画していることについて触れ、障がいのある方が社会の一員として自覚とやりがいを持てること。そして、役に立っているという実感を得るためには、障がいのある方が参画し、活動していくことが地域の中で共に心豊かに暮らしていくためには重要と語っていました。